HOME → 高梨杯

高梨本部長のご厚意からスタートした「高梨杯」…
TEAM BRUSH発足から2回開催し、メンバーに大好評の企画です。
次回「高梨杯」開催まで皆様お楽しみに♪



■Last up date 16/07/24 ※以下の結果から、第2回高梨杯優勝は「高橋 勤」と決定しました。
優勝賞品のSHIMANO BB-X FIREBLOODは、2位の「磯部 健吾」に授与されます★おめでとうございます!
順位   クラブ・所属支部   名前   最長   2尾目   3尾目   4尾目   5尾目   合計寸
1位   関東支部   高橋 勤   42.4cm   41.2cm   39.4cm   39cm   38.9cm   200.9cm
2位   東海支部   磯部 健吾   41cm   40cm   39cm   38cm   37.5cm   199.5cm
3位   東海支部   鈴木 健二   40.3㎝   37.5cm   36.5cm   35cm   34cm   183.3cm
4位   山陰支部   小笠原 昇   43cm   37cm   31.5cm   31cm       142.5cm
5位   山陰支部   花田 聡   37.5cm                   37.5cm

第二回『高梨杯』
本部長としてメンバー皆、公私共々大変お世話になりっぱなしですが…、今回も豪華賞品を提供頂き、約3か月間の熾烈な争いが繰り広げられました!
この時期の山陰地方は魚の活性が低く大変不利な状況となってしまいましたが、そんな中でも小笠原支部長が堂々の43㎝を持ち込みあと1尾でよもやの逆転劇といったところまでもつれ込みました。
磯部会員は、ブラッシュダービー上半期「メジナの部」でも見事賞品を獲得!今年のシーズンは真新しいグッズでキマリですね^^

7月24日(日)、高梨本部長から上位入賞者として、上記リールが授与されました。
磯部会員、おめでとうございます!




■Last Up Date 2015/12/20 ※以下の結果から、第1回高梨杯優勝は「服部智英」と決定しました。
順位   所属支部   名前   最長   2尾目   3尾目   4尾目   5尾目   合計寸
1   東海支部   服部 智英   39.2㎝   36.1㎝   34㎝   30.5cm   30.2cm   170㎝-20cm
2   東海支部   磯部 健吾   35㎝   35㎝   34㎝   32cm   31cm   167㎝-20cm
3   東海支部   鈴木 健二   37㎝   35.5cm   31cm   --------   --------   103.5cm-20㎝
4   山陰支部   花田 聡   35.5㎝   32cm   --------   --------   --------   67.5㎝
5   山陰支部   小笠原 賢   31㎝   31cm   --------   --------   --------   62㎝
5   山陰支部   小笠原 昇   31㎝   31cm   --------   --------   --------   62㎝


第一回『高梨杯』
「TEAM BRUSHのみんなが喜んでもらえるなら…」
この一言から始まった『高梨杯』
2015年9月~12月20日までの約三か月間、「TEAM BRUSH」所属メンバー(高橋を除く)限定、キーパー30㎝以上5尾の合計全長、東海支部所属会員はハンデマイナス20㎝で争われました。
優勝者に贈られるのは、高梨関東本部長より「TEAM BRUSH」に寄贈された『SHIMANO社 BB-XテクニウムMG 2500DHG』!SHIMONO愛好家たちの間では憧れの高級リールです!
およそ三か月間の間、私、高橋が審査員として結果を見守って参りましたが、非常に多くの入れ替え要請があり、各メンバーの本気度伝わる熱いダービーとなりました!

しかし時期的に良型をキープするのはかなり厳しかった様子…。
そんな中激闘を制したのは、最長39.2㎝と2位の最長を大きく上回る良型を見事釣り上げた、『服部智英』会員が見事優勝!
2位の磯部会員とは僅か3㎝差、、結果は第四回南伊豆大瀬で行われた例会の最終日まで縺れ込みました。
最終日には、磯部会員は34㎝をキープしたものの及ばず、、東海支部の服部会員が逃げ切りで優勝となりました。

12月25日、高梨関東本部長より、優勝賞品として上記のリールが進呈されました。
服部会員、おめでとうございます!

会員募集詳細ページ





例会記録




トーナメント日程表

釣り用語大全集

TEAM BRUSH Q&A激選!リンク集