■[ TOPPAGE ]→ [ 例会記録TPOPAGE ] → [ 2016/02/07 南伊豆・大瀬 ]

 
第4回『TEAM BRUSH』の例会を、ホームである南伊豆の大瀬にて開催しました。
2016年初の例会!相も変わらずゆる~い雰囲気の中、早朝からバカ騒ぎのBRUSH会員たちでした 笑

■参加メンバー
高梨本部長・鈴木支部長・服部会員・磯部会員・高橋

■当日のデータ等
日程:平成28年2月7日(日)
渡船:大倉丸
海況:北東強、水温15.8℃
渡礁磯:牛ケ瀬→大根(ハナレ)

▼レギュレーション
25㎝以上5尾キーパー、コマセ制限なし、付けエサは生きエサ使用禁止、一本鈎使用のウキフカセ釣りに限る。

結果はのちほど^^
早朝5時半…
この日は日曜日ということもあり、まだ明けきらぬ大瀬の港は、出船を待ちわびる磯釣り師たちの熱気に包まれていました。
昨年末より開催されている「日刊スポーツ、メジナダービー」の更新を期待しつつも、良一船長に話を聞くと水温低下で磯にバラつきがあるとのこと…。
若干のウネリと、北東の強風を背に出来ることから、まずは牛ケ瀬の勘太郎向いに渡礁し様子を伺うことにしました。
そして…
渡礁後、息つく間もなく師匠こと高梨本部長は、『喫茶高梨』の開店準備に取り掛かっています 笑
当会ではフィールドアドバイザーとして釣技を惜しみなくご指導頂き、、皆が楽しく過ごせるよう人への思いやりの心も教えて頂き…、釣りに対する情熱や環境保持の気持ちも教わっています。
会うたびに教わることがいっぱいです!!!この日も参加メンバーのために、せっせとお湯を沸かしている姿が印象的でした^^

 

 
カメラをその上に向けると、メンバーたちは目の前の「勘太郎」の様子を見つめている…は、いいですが、磯部会員はカメラを向けられるとお決まりのおちゃらけっぷりを発揮 笑
釣り開始となれば一気にモードスイッチが入る生粋のトーナメンターですが、OFF状態では実はお笑い担当だったりします♪
『オレが富士の服部ダ!』のキャッチコピーで、絶賛!?売り出し中の服部会員は、朝から鈴木支部長にいじられっぱなし!
それに便乗して高橋もいじる&いぢる… 笑笑

『Mじゃないですよ~!』Byはっちゃん。。。

「勘太郎」に渡礁した5名の方々は、すでに準備を終えて開始しているにも関わらず、BRUSHメンバーはバカ騒ぎ!誰一人道具を出さないまま(^-^;
そしてお待ちかねの『喫茶高梨』の開店となり、嬉しいモーニングコーヒーを全員で頂きながら雑談開始 笑
皆一様に『うめぇぇ~~~~^^』と幸せを満喫~♪
いやぁ~真冬の磯でアツアツのコーヒーは毎度有難い!高梨本部長の気配りには毎度頭が下がります…、感謝です♪
そんな高梨本部長の姿を目にしてか『BRUSH最高~~~♪』鈴木支部長の口癖デス 笑


釣り座じゃんけんの結果、磯部会員→高橋→服部会員→高梨本部長→鈴木支部長という結果に。。
鈴木支部長のじゃんけんの負けっぷりは健在!この日も北東をもろに受ける一段高い釣り座へ… 笑 『上は極寒ダヨ(*´Д`)…』
磯部会員はチャカ場、高橋はその右隣、その右に服部会員さらに高梨本部長と4人並んで釣り開始となりました。
開始となったら準備は早いっ!10分足らずで用意を終えてあっという間に第一投目~♪

   
磯部会員は釣り座左から出るサラシと、流れの境界線の潮目を丹念に探っています。。
高橋は少し沖のシモリの際を探り、服部会員は与平との間にある…ん!?どこ狙ってたのかな(^^;? 笑笑、、潮任せでね^^
高梨本部長は牛ケ瀬の真ん中方面から流れる潮と、勘太郎方面から流れる潮がぶつかる潮目を探っていました。
鈴木支部長は…???あれ、姿がない!!一人極寒の地で格闘中ですね(*´Д`)汗汗。。いや寒寒…

  開始してイチ掛けは服部会員!
最近絶好調~♪で、カメラ目線に舌をだして挑発~。。
おぉぉっ!なんと生意気な態度( `ー´)ノ
その後も連発させます!!
さすが『富士の服部ここにアリ!』です 笑

潮は沖から長根方面へと流れ、釣り座の右へと流れていますが、しばらくしてかなり早くなったので、高橋はここで仕掛けを変更です。
朝イチ全遊動で狙っていましたが全層沈めへ…
直後一発『コン!』と手元にきますがすっぽ抜け(^^;
それからは沈黙で、底ギリまで流しても付けエサが残ってきてしまう始末…、4人並んだメンバー全員が服部会員のアタリを最後に『し~~~~ん…』と静まりかえっていましたが…沈黙を打ち破ったのは磯部会員!
これはかなりの手ごたえ!沖の根は何とか交わし、浮かせようと試みておりますが、一瞬の隙に左のハエ根に魚が突っ込んでいき…『ブチっっ!』

!!!Oh My God!!!
推定45サイズ 笑 いや、冗談抜きであったと思います。
残念ですが気を取り直して再開しよ~!

弁当船までは誰もアタリを捉えることは出来ず、風は依然強さを増すばかりなので、ここで高梨本部長の神の一声『磯替え~~~』 笑
どこに行くか迷った挙句に、北東にはめっぽう強い南国パラダイスの『大根のハナレ』へ。
エサ取りが非常に多い印象の『大根のハナレ』ですが、風避け場所としてボクたちBRUSHメンバーは良く渡礁します。

しかし、この日の『大根のハナレ』は最悪状態(*´Д`)…、渡った瞬間に異臭が、、そうです!コマセ完全放置状態で…、しかもどうしたらこんな場所に撒けるのぉ~ってほど、磯の真ん中辺りまでぎっしりと…
さすがにこれは流しきれないと、次回大雨が降って洗い流してくれることを期待しつつ我慢で釣りを開始です(^^;
磯部会員と服部会員はチャカ場左右に入り、高橋は本島との水道、さらに陸寄りに鈴木支部長、高梨本部長は掛けても獲ることは難儀な西向きの浅場です。
ちょいと竿を出してみましたが、潮が今のところは良くなさそう…と、みんなで昼食タイム~♪
早朝とは店名が変わりまして…『定食高梨』が開店し 笑 メンバーみんなにお味噌汁がっ!何しろ高梨本部長の磯バッグの中は、四次元ポケット並みにいろいろなものが出てきます^^
寒くないか?とマスクをくれたり、時には耳ホッカまで(;゚Д゚) アハハ。。
大瀬のお弁当はおにぎりなので、このあったかいお味噌汁はすごーーーーく合う♪ 思わずこの笑顔デス!って、鈴木支部長は笑ってねーし 笑笑笑

 
それはさておき…
小学生の遠足のお弁当並みに騒ぎながらの昼食を済ませ、、納竿の13時半まではみんな真剣モードに突入です!
チャカ場でやってた磯部会員はちょいちょい魚を掛けていますが、ウミタナゴだったりコッパだったり…、、高橋も同様コッパだったりコッパだったりコッパだったりと 笑 なかなか良型が姿を見せず。。

  そんな中、、
おっ!この日にしてはまずまずのサイズを高橋がゲット~♪
一日粘ってこれ?って言われそうですが(^^;、、だいぶ渋かったのでメンバーの活性起爆剤にはなりました 笑
それから各々が真剣モード突入で更なる1尾を狙いました!

どうも鈎を離すような小さなアタリも頻発していたので、鈴木支部長は珍しく!?全遊動で果敢に攻め、高梨本部長も珍しく!? 笑 真剣な眼差しでウキをじーーーーーっと見つめていました。
しかしこの日の大根のハナレは非常に厳しく、祝福されるような良型には巡り合うことが出来ませんでした(*´Д`)
13時半、出来る限り磯場を洗い流して納竿となりました。

★今回は高橋写真が多く…申し訳ナイ 笑
鈴木カメラマンがたくさん撮ってくれました~~~♬




帰港し検量タイム!
結果は以下のようになりました。

・優勝:服部会員 2尾 1186g
・二位:高橋   1尾 918g
・三位:磯部会員 1尾 550g
・高梨本部長、鈴木支部長検量なしという結果でした。

僅かながらの商品も用意^^
優勝から順に好きなものを取っていくというルールとなりました。
誰が何をゲットしたのか…?は下記を参照、と、その前に…
皆さんの釣果写真をご紹介♪
服部会員はなかなかの口太!磯部会員も…ん?遠近感ハンパないかも~ 笑笑
続いて高梨本部長と鈴木支部長…むむぅ…!?お手を拝借~♪のような仲良しボーズブラザース 笑

 
   


好きなものを選んで良いはずが、、『磯部くんパーツホルダー持ってないんだぞ~!空気読めよ!空気っ!』と、南の方面から?どこからともなく声が… 笑 ←高橋の声だったカナ(^^;…
すると服部会員男前~★ なんとっ!パーツホルダーを磯部会員に譲り、ハリスと黒追人のステッカーに手が!!はっちゃんカッコイイ~~~~♡
磯部会員はとても嬉しそうにパーツホルダーとハリスをゲット♪満面の笑みデス!(^^)!
高梨本部長は、とにかくステッカー系がだ~~~い好きなので、迷わず…といっても残り少ないですが 笑 BRUSHステッカーをゲットです!
あれ…?鈴木支部長は。。。
   
   

何やら物色中…ですが、いや、、もうそんなに商品ないって! 笑
ん~~~! ん~~~~!どれにしようかな…と散々悩んだ”ふり”を演出し、ロッドシールと黒追人ステッカーを… 笑
最近はTEAM BRUSHのサイトへの演出も考えながら、役者も演じる鈴木支部長でした~^^


2月7日(日)例会のあとがき…

一日を通して、地合いというものが全くない難しい日でしたが、時には1尾を追い求めて真剣に海と向き合い、時には仲間たちとの楽しい時間を共有することが出来ました。
クラブ設立から1年が経過し、この大瀬という場所で出会った仲間が集い始まった『TEAM BRUSH』…
大瀬で例会が出来ることはとても嬉しく、毎度ワンパターンと思われても、ボクらには所縁のある土地なだけに、これからもずっと大瀬の海に遊んでもらいたいと切に願っています。
それだけに今回とても残念だったのは、釣り人のマナーに関してです。
もちろん大瀬に限らずですが、釣り場にゴミを放置することは禁止です!偉そうに言うわけではなく極々当然の意見として言わせて下さい。
釣りに夢中になりすぎて、磯場のコマセを流さないのもマナー違反だと思います、しかし変な解釈かもしれませんが、それは海が荒れれば洗い流してくれるかもしれません。
それよりももっとひどいのは、鈎が付いたままのハリスが散乱していたり、それ以外のゴミもそのまま放置されていること。。
さらに外道(ウミタナゴやフグ、キタマクラなどなど…)が磯に干からびて亡骸となっていることもしばしば…
外道となるエサ取りが邪魔で1尾や2尾、磯に放置したところでエサ取り対策にはなりませんよね?海の中でエサ取り対策を考えるべきです。

大瀬の船長はどんなゴミでも港まで持ち帰れば、嫌な顔一つせずにすべてを処分してくれます。
いつもより10分早く仕舞う支度をするだけでいいんです!その10分が貴重な1尾をもたらしてくれるかも知れませんが、マナー違反を侵してまで釣った1尾の価値に魅力は感じません…。
ボクたち『TEAMBRUSH』のメンバーは、磯にゴミを一切放置しない!外道放置も禁止しています。
時間の許す限り、汚してしまったコマセは洗い流すことも推奨しています。

ゴミの放置…
磯釣りが大好きな方ならこんなことはしないと思います。
極々一部の方へのお願いと、気分を害されませんように…、どうぞ宜しくお願い致します。

ページ上部へ 】 【 例会記録トップへ