FIELD REPORT → 2016年7月13日


高橋です。

今シーズン二度目の新潟県村上市の桑川沖へ行って参りました!初日は桑川沖磯、翌日は寝屋の離岸堤の予定の二日間です。
前日入りしたので、港にいた桑川のアニキこと村田船長と遊んでから~♪まずは桑川港でちょい投げキスを狙ってみました♪


 
桑川港は遊覧船の発着所でもあるので、遊覧船の航路の妨げにならないよう、港の内側ではなく外側の砂浜をちょい投げで狙います。
とにかく魚影が濃く、キス釣りでは不発ということがあまりない場所なだけに期待は高まります。
水深は非常に浅く水も限りなく澄んでいるので、キスの姿を確認することができます。
バス釣りでいうならサイトフィッシング状態 笑
地元の人は5~6メートルほどののべ竿の届く範囲で狙う人が多く、それでも25㎝前後の数釣りが楽しめる夢のような場所です。

しかし、この日はキスの姿は確認することが出来なかったので、ちょい投げで底をズル引きながら様子を伺います。
穂先にアタリはあるものの、釣れてくるのは極小アイナメとフグ…メゴチに小さなカレイと。。
堤防を移動しながらチョイ投げしますが、群れが入っていない様子で、肝心のキスは姿を見せてくれません(>_<)
爆釣を予想して、コンビニで氷をいっぱい入れてきたのになぁ…
仕方なくロッドを置いて、冷たいコーヒーで一服タイム♪
まぁ、、魚が釣れなくてもこの景色だけでも十分!ここ桑川はボクの地元から4時間半は掛かりますが、この景色が見れるだけで幸せな気分デス^^
将来はここに釣り人大歓迎の宿を開いて、余生を静かに過ごせたら幸せなんだろうなぁぁ…
宿の夕食までの時間めいいっぱい釣りを楽しみましたが、結局キスは釣れず!
舌平目やらアイナメに遊んではもらえました^^
宿の前のプライベートビーチでは一足早い海水浴…とまではいきませんが、サンダルを脱いで足水浴 笑
これも気持ちよかった!!

そして定宿の『潮鳴亭』で、これまた定番!村田船長と呑み~♪
翌日の磯やら最近の釣果をいろいろと聞きながら酔っ払い状態 笑
この日は偶然!福島県在住の釣り仲間Sさんも釣りに来ていて、久々に会えてHAPPYでした^^
Sさんにはいつもお酒をごちそうになってしまい、、この日もごちそうになってしまい。。ありがとうございます(^_-)-☆
村田船長にまでごちそうになってしまいまして、、船長いつもありがとうございます<m(__)m>

お蔭であまりに楽しかったせいか、この日の夜は興奮して眠れずに睡眠時間は僅か1時間半 笑 でした 笑笑笑
って…、遠足前の子供か!! 笑



 
明けて翌日早朝5時…

桑川港には数人の黒鯛師の方がいまして、なんと!キザクラフィールドテスターの菅さんと久々の再会~♪
「おぉぉぉ~!久し振り~~~!」なぜか高橋は、この管さんとは非常に縁があり、DAIWAの銀狼CUPでは同礁率が高く、しかし釣果率は著しく低い 笑笑 という間柄 笑

「高橋さん!今日はいい感じ!釣れますよっ!」
ん~~~管さん!あなたとワタシが再会を果たすと釣果が厳しいという現実が… 笑
ともあれ朝からテンションはMAX状態♪管さんは『沖の平島』に渡り、ボクは潮色を見て『ニタリ岩』へ行くことに。
南向きの正確な根の位置を船長から船上で教えてもらい、いざ渡礁~♪♪
「おぉぉぉ~神様ありがと~^^!二年ぶりのニタリ岩」と、訳の分からないことを叫びつつ…
まずは状況観察のためコマセを作ります。
この日用意した配合は、、、
定番のチヌパワーDASH+メガミックスチヌ+Bチヌ遠投です。
まずはオキアミ3kに海水を加えて半分砕き、半分は原型のまま…、そこへメガミックスチヌを半袋入れてよく混ぜたらしばらく放置(-。-)y-゜゜゜
こうすることで、メガミックスチヌに含まれる「ウルトラバイトα」が、オキアミへ吸収されると思われます…デス。
付けエサも同様にしておくと明らかに食いが違いますね^^
その後チヌパワーDASHを一袋加えてまた混ぜ混ぜ、最後にBチヌ遠投を半分入れたら完成~~♪ちょいと時間が掛かりますが、たかがコマセ、されどコマセ!ここで手を抜くと釣果&投げ感も違ってきますしネ!
さて、仕掛け作りの前にまずは状況観察。
コマセを数杯撒いてみます…、すると、ん~~~ん~~~!どこからともなく怪しい魚影発見!
フグ!!コサバ!?僅か数杯のコマセで辺り一面エサ取りだらけ!?
あちゃ~~~~(>_<)
ここ数日エサ取りはまったくおらず…の前情報を覆す結果に。。
とりあえず足元のみにコマセを入れながら仕掛け作りを開始です。

すると…
足元に何やら動く物体を発見!なんとコウモリくんです 笑 ここ、ニタリ岩は近くに洞窟があるので、そこから出てきてしまったのか?明るくなってしまったので飛ぶことが出来ず、ずっと磯場をウロウロ歩き回っています。
間近で観察すると愛嬌があってかわいい顔をしていますネ♡
暑そうなので、カラダに水を掛けてあげると元気になったのか?動くスピードが早くなってウロウロ~ 笑 今日は一日こいつと同礁です。
さてさて、、エサ取りの状況はかなり厳しい様子で、コマセを入れた瞬間に群がり、海の色を変えるほどの数です。
コマセを入れていない30メートルほど沖に仕掛けを入れて様子を探りますが、付けエサは全く残らず戻ってきてしまいます。
狙う場所は磯の南面沖にある根回りに決め、とりあえずは足元にコマセをドカ撒きしながら根回りに1杯だけコマセを入れていきます。
3時間ほど状況は変わらずでしたが、9時を過ぎたころに数投に何度か付けエサが付いた状態で戻ってくるようになったので、ここで仕掛けを交換!
ウキを5Bから0.8号にし2ヒロほど這わせた底釣り状態にしてみます。
するとその直後ウキがゆっくりと沈みベラが釣れました!高橋的にはベラと黒鯛はワンセットなので、これはチャンス!とコマセを多めに入れ始めた数投目に、前アタリのあとウキが静かにゆっくりと沈みます…。
合わせを入れた瞬間に黒鯛とわかる重量感!同礁したMさんがカメラの用意をするも…、痛恨のバラシ!!!
ヤバイ!大チャンスだったのにやってしまいました、、
逃がした魚は大きいとは言いますが、手ごたえ充分!かなりの良型だっただけにこれは残念!
連チャンを狙って再度同じ場所に仕掛けを入れると、これまた同じようにウキがゆっくりと沈み、、今度はバラさない!とやり取り開始!先ほどの重量感はないにしても黒鯛です!
開始から3時間でやっと1尾、35㎝弱ではありますが本命ゲットです^^
とりあえずは一安心と思ったのもつかの間、、またもエサ取りたちが海面を覆いつくす状況となってしまいます…
一瞬の地合いでしたが、昔から云われるように『黒鯛が寄ればエサ取りは散る』といった格言がまさに合致する状況でした。
納竿は正午と決めていたので、それからは集中力を切らさずにとにかく竿を振り続けます。
11時過ぎに同じポイントで同サイズを1尾を追釣できましたが、エサ取りはさらに活発となり11時半に納竿としました。
桑川のポテンシャルを考えれば貧果となってしまいましたが、状況を考えればまずまずといったところ…
傍らでずっと見守っていてくれたカモメの子供にお弁当のおかずをおすそ分けし、『ニタリ岩』を後にしました。

納竿後は、翌日の釣行場所である寝屋に移動し、港でキス釣りのリベンジ!
これが面白いように釣れ、終わってみれば26㎝を頭に48尾という好釣果に恵まれまして、大雨のなか頑張ったかいがありました♪
しかし、、翌日は悪天候のため早朝の船長から『中止』の一言が…
今年は寝屋にツイてないのか?
先回も中島会員とボーズを食らってますし…
近々リベンジしたいですネ!!


■今回の反省点!
①エサ取り対策をまったくしておらずでした…
事前情報はあくまで事前情報とし、万全な体制で臨まなくてはいけませんね。
1尾でも多くの黒鯛に出会いたいならば、最低でも練り餌&ボイルくらいの付けエサは持参するべきでした。

■良かった点は…?
①黒鯛が寄ってきた、または活性が上がった一瞬の地合いを見逃さずに仕留めることが出来たことです。

ともあれ、桑川&寝屋のシーズンはこれからが本番!
仕事の合間をみて、また釣行したいと思います♪

今回のレポートは以上です。

ページ上部へ 】 【 レポートトップへ