FIELD REPORT → 2015年6月17日

黒追人こと、、高橋です!
更新したつもりが、、なぜかデータが送られておらず放置状態!?…、申し訳ナイ!

桑川沖磯の翌日は、先回1尾!という貧果のリベンジを果たすべく寝屋港へ行ってきました。
狙うは離岸堤のベタ底に潜むであろう良型!気難しい離岸堤の黒鯛に口を使わせるべく、、試行錯誤を繰り返した葛藤を振り返ります^^
早朝4時過ぎ港に着くと…、すでに7名の磯釣り師がおり、皆さんに挨拶がてら最近の状況を聞いてみると、3~40センチクラスが0~3尾程度釣れているとのことでした。
常連さんと話しているうちに船長が来て、『離岸堤の人から最初に乗ってね~!』とのことで、ボクは迷わず1番船に乗り込み離岸堤へ渡りました。
この日の離岸堤へはボクを含む3名が渡り、他の方に釣座を聞いてから、ボクはチャカ場からケーソン4つ目辺りに釣座を構えました。
タックル準備の前に状況観察のモーニングコマセを何発か入れてみると、エサ取りの姿は全く見当たらず、潮は緩やかに釣座から左方向、つまり下り潮でした。
若干の濁りがあり黒鯛の雰囲気は上々です!そんな状況の中、仕掛け準備デス♪
2005/06/17仕掛け  
さてさて…
まずは左図のロッド&リールに道糸は1.5号、ハリスは1.25号を1ヒロ半、ウキはちぬの詩0.8号、鈎は一刀チヌの2号で、エサ取りが全くいないことから、付け餌は生のオキアミでスタートです。

まずは底から1メートルほど切り、しばらく流して回収すると付け餌はまんま残り状態でした。
そこで底釣りにしてみたのですが、やはり付け餌はそのまんま状態…。
魚っけがまるで感じられず、、
僅か2投でロッドを置いて、コマセだけを打ってみることにし、ん~15分くらいかな?
定期的にコマセだけを打ち続けてみました。
以前、これと同じような方法で釣れたことがあったので…
その後の3投目、ウキがフワフワすぅ~っと沈み、この日始めての魚の引き!しかしこれはチャリコでした(^^ゞ
それから1時間ほどは全く魚の気配がなく、北側の左手先端付近で竿を出していた人に30センチほどのメジナが釣れたのみでした…
時計を見ると9時半で、ぼちぼち何らかの変化が欲しいな…と思っていた矢先に、な!なんと!どういうわけかフグの群れがどこからともなく襲来し、水面から底付近までフグ一色の海となってしまいました。
これ…どういうこと???さっきまで生命感ゼロだった海が、あっという間に生命感に溢れ返ってるし 笑
海って本当に分からないですよね、、こういうことがあるから偉そうに語れないんだよなぁぁ…。
ここからはフグとの戦いで、日本海特有のちっこいフグが水面~底付近に至るまで大乱舞を始めてしまい、なす術がなく途方に暮れていると…、船長が岩牡蠣漁の合間を見て様子を見に来てくれ。。

船:「高橋さ~~んどう?」
高:「いやぁ、フグで全然だめだね~!」
船:「本当だなぁぁ~!こりゃすごいわ~!じゃあ、南向きの先端やってみたらどう?ここよりは少しマシかもよ…」
高:「うん、じゃあ移動してみるわ♪」

…と、いうことで荷物を担いで二往復、、釣座を移動することにしました。
考えてみたら、離岸堤には何度も上陸していますが、南側先端でやるのは初でした。
離岸堤に渡る=のんびり気軽に釣りがしたい! 笑 なので、ここでは船着き場からあまり離れたことがなく、大荷物を持って移動はしたことないんですよね。

さてさて。。
先端の陸向きに釣座を構え、まずは水深を測ってみると根掛かり!場所を変えて何度測っても根掛かり、、海底は砂地ではなく岩礁帯になっていました。
しかしおおよそですが12メートルほどだったので、まずは10メートルにタナをセットし探り始めました。
やはりフグは多いですが、何度か流しているうちに海底の凹凸箇所もわかり、時折良型のベラが釣れてくる場所がありました。
高橋的にベラは幸運の魚なので、そこに仕掛けが行くように操り、何度か同じコースを流していると、前アタリもなくす~~~っとウキが沈んでいきました。
ベラ?チャーリー?しかし引き味が違いました!ゴンゴン!と穂先をに伝わる引き!やっとのことでこの日始めての黒鯛登場~♪
この日は久々に使った04ロッドだったので、、50OVERを彷彿させるような感覚で楽しめました★
上がったのは37センチの真っ黒な子です!ヒレ&体とも一切傷がなく、体高があってかっこいいプロポーション!

    いやぁぁ~、女偏に喜ぶで~★嬉しい★~♪ 笑

早々に撮影を済ませ、地合い到来の予感にまた同じコースを何度か流してみました。
しかし今度はフグの猛攻を食らってしまいます…
そこで今度は必要以上のコマセを足元に撒いてフグを足止めし、釣れた場所より少し先の30メートル付近に遠投して様子を伺うと、付けエサがまんま戻ってくるので…『こいつは潜んでるね、、』と判断。
そこでウキを1.5号にしてタナを底スレスレにセットしてして再度流します。
潮はゆっくりと下り方面、道糸の出方からすると、釣座から約80m流した辺りに港方面と離岸堤に添って流れる潮の分岐点がありました。
手前から仕掛けを入れると港方面へ流れ、沖から入れると離岸堤に添って流れるような感じでした。
何度かこのコースを流してみましたが、手前で目視出来るほどいるフグの猛攻は全くないので、付けエサはまんま回収です。
「これ、絶対にいるよなぁ…」と、しつこく何度も流していると、ちょうど分岐点辺りでウキが流れずに止まっています。
しばらく見守っているとウキがゆ~~~っくりと沈んでいきましたが、「どうも根掛かりっぽいな。。」と…
半信半疑なのでとりあえず穂先できいてみると、かすかにコンコンと微妙に小さな生命感が伝わったので大きく合わせを入れました。
同時にグーーーンと竿が大きく弧を描き、一気に沖へと走って行き道糸が出されます。

マダイかっ!!??

何しろ道糸1.5、ハリス1.25号ですからね(>_<)
これは厳しいなぁ~と思いながらやり取りを開始!しかも海底は砂地ではなく凹凸激しい岩礁帯、、ロッドは立てずになるべく左右に倒して応戦していると、魚の突進は止まり徐々に距離が縮まってきました。
しかし強い!04ロッドのが半月を通り越して満月状態 笑 久々に味わう大物魚の重量感、気持ちは一気に最高潮デス♪
どれくらい格闘したのか、、魚の姿がようやく見え始め、太陽の光に反射しながらキラキラと光りながらあがってきたのは、なんと黒鯛です!
充分に空気を吸わせてから慎重にタモ入れ。

「じゃ~~~~~ん!」叉長計測でなんと53センチが釣れてくれました♪
ヒレピンなら55はありそうですよね~~~!
村上界隈で50オーバーは5尾目!嬉しかったぁぁ♪
その後はオマケサイズですが、32センチ&35センチとコンスタントに釣れ、30センチ前後のマダイも何尾か釣れてくれたのでとっても楽しめました!

 
今回は、兄家族へのお土産で、釣れた黒鯛4尾キープさせてもらいました♪

午後も狙えそうな雰囲気は上々でしたが、次回のお楽しみに残しておこうと、午前中で黒鯛は終了~♪
午後からは最近定番となったキスを狙って港に戻り、15センチアベレージながら40数尾の釣果でキスも爆釣でき、翌日は兄家族たちと大自然の恵みを堪能させてもらいました!
寝屋や桑川で釣れる魚は、岩牡蠣漁が盛んな水質の良い海なのでどれもこれも超美味なんです♪
黒鯛は食味がイマイチ…と思われがちですが、いやいや、、どの高級魚にも勝る味!!
高橋は基本、釣れた魚はリリース派ですが、寝屋や桑川で釣れた魚は持ち帰り、酒の肴として美味しく頂いております^^
この日釣れた黒鯛&キスは刺身や天ぷら、から揚げ、カルパッチョで頂きましたが、どれも高級料亭に匹敵するほど美味しかったです!
私が新潟の海をこよなく愛する理由の一つでもあります♪

さて、今回の反省点です!
①まずは早朝の釣座選びから、、最初に選んだ釣座は、昨年爆釣した釣座付近でした。
この日の海況を無視し、まず昨年爆釣したポイントに目が行ってしまったことはいけませんネ…。
釣座が選べる状況ならば、まずは海の状況を観察してから釣座を選ぶということは、釣りをしている人なら誰でも知っていることです。

②二つ目は、フグの群れが突如現れた時の対処法です。
あまりの大群に練り餌を試さずに諦めてしまったことも反省点の一つですね…
海の状況は刻々と変化し、数分、数十秒でも変わっていきますので、その状況変化に伴って対応していかなくてはなりません。
黒鯛が寄ればフグが散る!を待っているだけではなく、どうしたらフグを交わしながら黒鯛が狙えるのか?ということも常に考えながらやらなければ。。

今回のレポートは以上です。


ページ上部へ 】 【 レポートトップへ