FIELD REPORT → 2015年6月16日

黒追人こと、高橋です!
今回のフィールドレポートは、6月16日(火)に訪れた、新潟県は下越の桑川沖磯です。
桑川沖磯は今シーズン初!となるのでウキウキの釣行~♪事前情報の村田船長の話では、『型はイマイチだがぼちぼち釣れている』とのことなので、中型でも数釣りが楽しめればイイカナ…?ということで、いざ出陣デス!!!!

この時期の出船は早く、桑川港へは午前5時集合!前夜移動のボクは、桑川港近くの道の駅『夕日会館』で少々の仮眠をとり、午前4時に起きて港へ向かうと、明けきらぬ薄暗い港には、出船を待ちわびる磯釣り師がすでに4名いました。
準備を済ませ、出船を待つ間に常連客らしき人に近況を聞いてみると、エサ取りがとにかくスゴいと皆同じ回答でした。
しかし船長の情報と同じく、一日粘れば中型はぼちぼち釣れるとのことで期待は大!
それらを考慮しながらどこの磯へ渡るかを考えていると、およそ一年ぶりの再会!船長が来て『おはよう!久しぶりだね~~~!』と変わらぬ笑顔で出迎えてくれました^^
そして黒鯛師の夢を乗せ5時に出船~♪まずは港から航程僅か3分程度の『沖の平島』に2名降り、その後船長とどこへ行くか相談し『ニタリ岩』にしようと行ってみると、なんと完全スケスケ状態!しかも、狙いたい沖のシモリ付近を見てみるとフグの大群が…
『これだけスケスケだと無理…』と告げ、水深がもう少しある『獅子岩』を選択しました。

2015年6月16日磯釣り仕掛け  
さて当日のタックルです。

いつもと同様、まずはモーニングコマセを入れてみると、どこからともなくフグが現れてきました。
何発か入れて更に10分ほど観察、、大群とまではいかず、まぁ、、何とか今のところは交わせないほどではないと判断、潮もほ~~んの少しだけ下りが入っている様子です。
加えてどのタナで食ってくるか予想が出来なかったので、まずは煌黒の0号をセットし、全遊動で様子を伺います。

午前5時50分スタート!
手前にフグを出来るだけ寄せてから、まずは沖10m先にある落ち込みを狙います。
何度かに一度は付けエサが戻る状況だったので、更に深い場所を攻めるべくウキをG2に交換。
竿一本ほど仕掛けが入ったところでウキにフワフワと前アタリがあり、少し沈んだところで合わせると一瞬乗ったところでスッポ抜け…
『黒鯛っぽい…』と察知し、先日の二の舞にならないようにここで鈎を交換しました。
念には念を押し、一流し毎に鈎先をチェックしながら同じコースを流していると、先ほどと同じようにウキにフワフワと変化があり、少し押さえているように見えます…。
しかしなかなか沈んでいかないので、仕掛けを1mほど引いて誘ってみるとウキがキレイに沈んでいきました。
合わせを入れると待望の重量感!釣座左手前のハエ根に潜り込もうとするので、竿を右いっぱいに倒し何とか凌ぐと中型ですが美しい魚体の31㎝!
桑川今シーズン初!の黒鯛で嬉しい~!!後の写真撮影のために、しばしライブウェルの中で過ごしていただくことに… 。

2015年6月16日「黒鯛」   2015年6月16日「黒鯛2」   2015年6月16日「黒鯛3」
寝不足で笑顔が微妙ですが、、本当はかなり嬉しいんです 笑
1尾キャッチ後しばらくすると、狙っていた落ち込みにはフグの大群が押し寄せ、全く釣りにならない状況となってしまったので。。
ウキを2Bに交換し、タナをきちっと取って沖を攻めることにしました。
30mほど遠投し1本半のタナを探ります…。
コマセはかぶせずにウキの潮上20mほど先に1杯だけ撒き、手前にはフグ専用にドカ撒きです。
するとこの作戦が見事にハマり、少々サイズアップの33㎝が釣れました★
その後はどこを狙ってもフグの猛攻で、かなり固めに仕上げた練り餌も全く歯が立たず、、この日は早朝のみの勝負!と決めていたので9時過ぎに納竿としました。
釣れた2尾の黒鯛はヒレも美しく、ライブウェルの中で元気に泳ぐ姿に愛嬌がありとても可愛らしかったので、更なる成長を願って、写真撮影に協力してもらった後にリリースしました。

 
帰着後は、桑川港~府屋港でシロギスを狙ってみましたが、この日は全く釣れず…
14時まで粘ってみましたがダメでした。。

夜は定宿、笹川流れの「潮鳴亭」に宿泊デス!
ここに泊ると、桑川のアニキこと村田船長が会いに来てくれて宴会になります。
桑川の海を知り尽くした船長と釣り談義に花が咲きます!
あ、釣りだけじゃないね 笑
あんな話やこんな話と盛りだくさん!
釣りの後の楽しみの一つなんですよね~~~♪

『たけよし丸ヨロシク!!』と、サイトで宣伝してね♪
とのことで思わずツーショット★
そして翌日のことも考えずに、この写真の時点でナマ×4焼酎水割り×2…。。
すでに相当酔っ払い顔ですが 笑笑
二日酔い知らずのオトコなんで大丈夫!
楽しい宴会は時間の許す限り続くのでした…

さて、今回の反省点です!
今回はかなり思い通りの釣りが自分としては出来たと思います。
魚がエサを食うタイミングや、黒鯛の気配などを察知出来たという点においては100満点です!
敢えていうなら、エサ取り対策に、練りエサ以外にのバリエーションも用意しておけばよかったかな…と思います。
そうすればもう一尾、二尾と、魚に遊んでもらえた…若しくはサイズアップに繋がったかも知れません。
次回はそれらを踏まえて、また新潟の黒鯛にチャレンジしたいと思います。

今回のレポートは以上です。


ページ上部へ 】 【 レポートトップへ