FIELD REPORT → 2015年5月28日

黒追人こと、高橋です!
今回のレポートは、先回5月12日(月)に来釣し、イナダに散々悩まされた新潟県下越の寝屋港に行ってきました。
寝屋港に着くと、渡船を待ちわびるお客さんが8名もおり、平日にも関わらず大盛況^^
船長のお勧めは『大崎』の磯でしたが、高橋的には先回撃沈をした『離岸堤』を希望し一番船で渡りました。
当日は天気にも恵まれ、、いや、恵まれ過ぎましての真夏日和!山影から太陽が顔を出すと体感温度は一気に上昇し、Tシャツでも汗ばむほどでした。
仕事の合間をぬっての釣行!釣果はどうでしょうか~!!

2015/05/28当日メインの仕掛け  
さて当日のタックルです。

コマセを何杯か入れて水中を観察してみると、エサ取りの姿は一切なく、白いコマセの帯がほぼ垂直に落ちて行きます。。
仕掛けを準備しながら結構な量を撒いてみましたが、小魚1尾すら確認出来ない状況です。
釣座に選んだ場所の水深は11m、エサ取りもいない&潮も緩いことから、まず最初に選んだウキは「ちぬの詩の3B」、道糸は1.75号でハリスは1.5号、鈎は掛かり過ぎチヌ2号でスタートです。
開始から1時間しても潮は全く動かず、ウキは微風で少し流される程度です。

それから30分ほど経過した頃に、潮がすこ~~~~しだけ下り方向に流れ、静かだった海に変化が見られました。
コマセに誘われて数尾かのフグが登場し、スケスケだった海に若干の濁りが入り…
チャンスタイムの到来!と、コマセを潮上にドカ撒きしてウキを5Bにチェンジし、しっかりと底をキープ…
すると待望の前アタリがあり、水中へゆっくりとウキが沈
んで行きます、、完全に沈みきってから合わせを入れると、黒鯛と明らかにわかる引き&重量感です!
『おぉぉ!これはなかなかのサイズ!』同行した方がやり取りを写真に収めてくれようとした瞬間に、穂先がふわぁ~っと軽くなり何と痛恨の鈎ハズレ…
やり取りが慎重過ぎたのか。。やっと捉えた黒鯛のアタリを無駄にしてしまいました(>_<)
気を取り直し、鈎先が少し鈍っているようでしたので、鈎を結び直し同じように底をキープし流すと、再び前アタリの後ゆっくりとウキが沈んでいきました。
今度は若干早めに合わせを入れると、先ほどではないにしても黒鯛とわかる引きです!
水深があるので丁寧にやり取りをし、浮いて来たのは小さいですがキレイな黒鯛でした♪

   
今シーズン初の新潟黒鯛に感激~♪『やっと会えたネ!』と、写真撮影に協力してもらい、成長を願って海へと帰ってもらいました^^
『ヨシ!頑張るぞ~!』と、更なる大物を狙って仕掛けを振り込みますが、この直後潮はパッタリと止まってしまい、、追い打ちを掛けるように寝屋の離岸堤では良くないカナ?と思われる上り潮が入り、海はまたまた澄み澄み状態となってしまいました…
海の色自体は釣れそうな色なのですが、何しろ11mある底まで確認出来てしまうほどの澄みっぷりで。。
11時半まで粘ってみましたが、その後好転するとは考えづらい状況でしたので正午に納竿としました。

さて、今回の反省点です!
例年の流れだと離岸堤で黒鯛を狙うにはまだ早く、時期的に磯の浅場に渡礁した方が確率が高いと思われますが…、先回釣ることが出来なかったということもあり、今回も敢えて離岸堤にしました。
早朝、船長から「大崎方面行ってみよう!」と優先的にお誘いを頂いたにも関わらずです 苦笑
離岸堤は寝屋の岩牡蠣漁が解禁となる6月1日~が最盛期を迎えることは分かっていたのですが、先回のリベンジを果たすことに闘志を燃やしてしまったことが、結果1尾で終わってしまったことに繋がります。
それと、付けエサ交換の際に、毎回チェックしているはずの鈎先を怠った結果、鈎ハズレとなってしまったことも悔やまれます。
パーツホルダーに鈎先を研ぐヤスリを付けているのに、この日に限っては一度も使用していませんでした。
今回のように数少ないチャンスしかない時こそ、その少ないチャンス全てをモノにしなければいけませんネ…。

ともあれ、2015年の寝屋港のシーズンは始まったばかり!
今年もたくさんの出会いを期待して★

今回のレポートは以上です。


ページ上部へ 】 【 レポートトップへ