HOME → 磯釣り用語大全集「し」行


       
                   


■地合い 魚が釣れる時間帯のこと。
朝マズメや夕マズメ、潮の変わりっぱななど。

■潮止まり 潮が満潮または干潮を迎えると、一時的に潮が動かなくなる時間帯のことをいいます。
魚の食いは落ちますので、この時間を利用して休憩できますね。

■潮まわり 十五日間周期の潮の干満のこと。
大潮→中潮→小潮→長潮→若潮、地球と月との万有引力によって引き起こされる現象です。


■潮目 幾つかの潮の流れがぶつかる場所のこと。
水温や水質、流れと様々な要素が絡んで潮目が出来ます。
コマセも必然的にその場所に溜まりやすいので、潮目はフカセ釣りにおいてポイントとなります。

■時化(シケ) 風、天候などで海が荒れる様をいいます。

■シモリ 干潮時においても沈んでいる岩礁、沈み根のことをいいます。
メジナ・クロダイ釣りにおいては格好のポイントになることから、初めて上がった磯では偏光レンズで確認しましょう。

■自立ウキ クロダイ釣りなどで使用する棒ウキの内部に、オモリが内蔵されいるウキのこと。
すでにオモリが内蔵されているので、オモリをつけなくても海面にトップが自ら立ちます。
勘違いされやすいのは、ウキの浮力号数が表示されているのに、トップが立っているからとオモリをつけないのはいけません。
2B表示なら2Bのガンダマを、1号表示なら1号のオモリをきちんとつけて、浮力調整をしなければいけません。