HOME → 磯釣り用語大全集「お」行



       
                   

■大潮 干満の差が最も大きい潮汐のこと。
月に2回、月→地球→太陽が直線上に並び、満月と新月の時期に大潮となる。
一年の中でも潮位は異なり、春分の頃と秋分の頃が最大となる。
他、専門的なことはわからないので調べて下さい 笑笑

■落ち 水温低下と共に、浅場の魚が越冬するために、水温の安定した深場へと移動すること。
クロダイなどは落ちに入る前に、体力温存のために荒食いをするといわれています。
また、魚の体力がある時期でもあるので引きも強く、春先に釣れる同サイズの魚よりも楽しめる時期でもあります。

■オデコ 魚が一尾も釣れなかったことを『オデコ」といいます。
額には毛が一本も生えていないことが由来らしいです。
バスアングラーは『デコった!』などと言っていますね。
同語に『ボーズ』もありますが、これもまた坊主には毛が一本も生えていないことが由来らしいです。

■オマツリ 周囲の人と仕掛けが絡んでしまうこと。
船釣りなどでは、重さの違うオモリを使用すると頻発することがあります。
磯釣りにおいては、狭い磯などでは同じ潮筋を流すことがあるので、仕掛けが絡まってしまうこともあります。
隣の人とオマツリしてしまったら、嫌な顔をせずに笑顔で自分の仕掛けを切るくらいの余裕があるといいですね。