HOME → 磯釣り用語大全集「き」行


       
                   

■ギア比 リールの構造の話ですが…
リールのハンドルとスプール(糸巻き部分)の回転比率のことをギア比といいます。
簡単にいえば、ハンドル一回転にどれだけラインが早く巻けるか?と覚えておけばいいと思います。
ギア比が7.2の場合は、ハンドル一回転でローターまたはスプールが7.2回転します。
このギア比には一長一短あって、ギア比の数字が大きければ巻き取りスピードが上がりますが、巻き取り力は落ち、ギア比が小さければ巻き取り力は上がります。
魚種によって、釣り場によって使い分けが必要なわけです。

■汽水域 海水と淡水の境目、または河口付近のことをいいます。
海水より塩水濃度は低い場所ですが、クロダイやシーバスなどはこの汽水域を好みます。


■漁礁 自然のものではなく、人工的に海へ沈められたコンクリートブロックや、大岩、沈船など。
複雑な海底状態となるため、魚が好む格好の隠れ家となっている。
クロダイの前打ちなどでも絶好のポイントとなります。