HOME → 磯釣り用語大全集「か」行


       
                   

■ガイド ロッド(竿)に幾つもついている円形状のラインを通す金具のことです。
ロッドに固定されているものは固定ガイドといい、ロッドを伸ばす際に上下に動くものは遊動ガイドといいます。
ガイドの種類は実に様々ですが、磯竿に関してはガイドの進化もめまぐるしく、最新ロッドのリングには滑りが良いSIC、フレームには軽量なカーボンなどの素材が使われています。
形状も円形状から様々な形状へと変化し、風や糸グセなどによる、糸がらみなどのストレスが解消されています。

※写真はDAIWAのロッドに搭載された『Air Guide』株式会社グローブガイド公式サイトより抜粋。

■回遊魚 全般的に青物などをいいます。
カンパチ、ヒラマサ、ブリ、アジ、サバなどは、一定の場所に定まらず常に移動しています。
多数の群れで行動し、水温変化やエサ場を求めてなどの理由で回遊しているそうですが、魚種によって異なります。

■カエシ ハリの先端付近に、魚が掛かったときに外れを防ぐための突起部分のこと。
リリースすることが前提な管理釣り場では、魚へのダメージを減らすために、カエシのついていないスレバリの使用を推奨している場所が多いです。


■かけ上がり 海底の状態が、深場から浅場へとなる場所のこと。
こういったかけ上がりは絶好のポイントとなることが多いです。

■からまん棒 棒ウキを使用する際に、ウキと仕掛けが絡まないようにするためのプラスチック製の棒。
棒の両脇にウキゴムで固定して使用する。
ウキの全長より長い場所にセットすれば、ウキと仕掛けの絡みが激減するスグレモノ。
また潮受けゴムなどをセットする際も使用します。
私がフカセ釣りを始めた頃は、爪楊枝を削って使っていました。


■ガレ場 岩が崩れて大小様々な岩が点在する場所のこと。
ゴロタ場などともいわれ、岩の隙間が魚たちの格好の住処となっており、魚影が濃いことから、ゴロタを専門で狙う釣り人も多い。

■ガン玉 丸い形で割れ目が入っており、道糸やハリスに挟んで使用するオモリ。
フカセ釣には非常に重要なアイテムの一つです。
元々は散弾銃の弾丸だったものを加工して製作されたので、サイズの表示はB~5Bなどと表示されます。

■干潮 潮が引いて海水面が最も低くなること。
引き潮ともいわれます。